事前準備は時間短縮

バーベキューは火起こしから食材の準備など、皆でお話しながら行う楽しみの一つかもしれませんが、事前準備をしておけば、ゴミの問題や時間短縮で食事タイムを多くとることができます。今回は時間を有効に使うべく、事前準備についてお話したいと思います。

食材は小分けにして持っていく

野菜はそれぞれ適当な大きさに切ってタッパーに入れ、味付けの食材や魚などはジッパー付きの袋に入れれば漏れたり、匂いがついたりすることはありません。スーパーのパックのままだとゴミが増えて持ち帰る量も多くなってしまうので、事前に準備しておけば料理の時間短縮、帰りは現地を汚さずスマートに帰宅することが出来ます。

食材別の保存方法

お肉
食べやすいサイズに切り分けて、下味をつけるものは付けてジッパー付きの袋へ入れて冷凍庫で凍らします。鮮度保存と持って行く時に保冷剤代わりになる。

魚類
予め内蔵処理がされているものを購入するのがベストですが、未処理のものは事前にとって食べやすい大きさに切り分け冷凍へ、キッチンペーパーと新聞紙でくるんで持って行きましょう。

野菜

玉ねぎ 食べやすい大きさに切ったらラップに包む
じゃがいも 皮や泥は保護する役割をするのでそのままに。カットしたものは早めに食べよう
なす 新聞紙に包んで冷蔵庫へ。冷凍には向きませんが加熱後なら冷凍保存も可能。
ネギ ネギを刻んだら水分をよくとり、タッパーに入れれば冷蔵庫で保存できる

 

亀山社中の焼肉トップページへ