クーラーボックスの使い方

バーベキューの食材や飲み物を保冷するために活躍してくれるクーラーボックス。その性能を最大限に活かすためのテクニックを今回はご紹介したいと思います。

クーラーボックスのタイプは?

クーラーボックスは大きく分けて2つあり、ハードタイプはウレタン製で保冷力に優れており、ソフトタイプは保冷力にかけますがコンパクトに畳めるのが魅力。また、ソフトタイプは真夏の買い物にも重宝するのでひとつは持っておいても損はないでしょう。

ボックス詰め込みテクニック

先ず一番下には氷や保冷剤を敷き詰めて、下から冷やすのがポイント。そして肉や魚など生物は下においた保冷剤の上におけば安心です。蓋の開閉時、極力外気に触れさせないためのポイントです。食材を詰め込んだらその上に保冷剤を並べて最後に保冷シートを被せればOK!

冷凍した食材や野菜は水分が出るので新聞紙に包んで納めればボックス内のベタベタを防止することができる。

車に詰め込むときのポイント

クーラーボックスは重くて大きいので最初に車に詰め込んでしまいたいですが、後から食材を足したいときなど何かと不便。現地で食材を追加しても素早くボックスに収めるためにドアの手前に載せましょう。

そしてクーラーボックスは食材用とドリンク用と分けて使うのがポイント。飲み物を取り出す度に温度を上げてしまうので、頻繁に開けるクーラーボックスに食材をいれるのは避けたいところです。

豆知識
保冷剤は後で持ち帰らなければいけませんが、冷凍したお肉や水を入れたペットボトルを凍らせれば保冷剤として活躍してくれます。ペットボトルは氷が解ければ飲むこともできるし、手洗い用にしてもよし。アイデアひとつでクーラーボックスを最大限に活かしてバーベキューを楽しみましょう!

 

亀山社中の焼肉トップページへ