自然の中で自然のものを利用して焚き火をする。アウトドアの醍醐味ですね。コツは焚き火台で火をおこすのと同じで、細い枝から順に太い薪へ着火させていきます。焚き火台と違い、安定した場所ではないため、火が落ち着くまで時間はかかりますが、順を追って解説したいと思います。

薪を集める

枯れ枝や倒木した幹など自然の中で探す時は十分ケガに注意してください。また、元気よく自生している生木を折ったりするのは止めましょう。

1、キャンプ場ならセットになった薪が手に入るかもしれないので、それを利用してもよいでしょう。ただ、最初の焚付用の枯れ枝程度は探したいところです。

2、河原は乾いた流木などが転がっている場合があります。ある程度太くても枯れているので積極的に使いましょう。

3、周辺に木々があれば杉やヒノキの枯れ枝を探してみましょう。適度に油を含んでいるのでよく燃える着火材になります。

4、ある程度枝を採集出来たら持って運ばず、ロープなどで引いていけば転倒時にケガをしません。太い幹はナタなどで切込みを入れて上げれば火付が良くなります。

火のおこし方

1、焚き付け用に新聞紙や枯れ葉、枯れ枝、細く割った薪など燃えやすいものを準備します。

2、かまどの下にダンボールや薄い板を敷いておくと湿気をシャットアウトして、火付が良くなります。乾燥した日は良いですが、雨上がりなどは役に立ちます。

3、かまどの中央に焚付を置きます。新聞紙は雑巾のように絞るかこぶし大の大きさに丸めます。新聞紙や枯れ葉などの上に細い巻きなどを中央に向かって立てかけて風が入りやすいように立体を作ります。

4、ライターなどで火をつけて、燃え始めたら、太い薪を徐々に入れていきます。ここで一気に薪をくべてしまうと火が消えてしまうので注意しましょう。

5、薪の投入タイミングは火が消えかかる前ではなく、炎がある内に入れていこう。常に火の様子みることが大切です。

 

亀山社中の焼肉トップページへ