薪のくべ方

焚き火は火を付けてもそのままにしておけば、やがて燃え尽きてしまいます。火を付けた焚き火は炎を見て火力の調整をし、どのタイミングで薪をくべるか見て、状態を維持しなければいけません。今回は火の維持と薪についてご紹介したいと思います。

炎の状態で薪をくべるか判断する

1、薪に火がついて間もない場合は、炎が安定しておらず、薪の表面だけが燃えている状態。

2、太い薪の芯まで燃え始めたら炎も落ち着いてきます。

3、炎が落ち着き、薪の炭化が始まるころは強い火力なので短時間で料理をするときがこのタイミングです。

4、ほとんどの薪が炭化して細くなり表面が白くなり始めているとき、薪をくべれば再び燃え出します。

5、薪が完全に炭化して火が消えようとしている状態は、まだ熱は発しているので煮込み料理や炙焼に適しています。

焚き火台の注意点

脚付きの焚き火台は、高い位置で火が燃えやすい。その代わり風の影響を受けやすく、洋服に火が燃え移ったり、危険性があります。ここでは焚き火台を使ううえで注意すべき点をご紹介します。

  • 焚き火台は炎が高くなりやすいので、薪の量を減らして炎を小さくしましょう。
  • 脚が付いているからといって草が生えた場所はNGです焚き火の熱は高温で、燃え移る可能性は十分あります。
  • 屋根がある所は避けましょう。もちろんタープの下も危険です。
  • ダウンジャケットやフリースなどの科学繊維は熱に弱く溶けやすいので火傷の危険があります。火を扱うときは綿のウエアがオススメです。
  • 焚き火の脚を引っ掛けてしまう危険があるので近くで子供を遊ばせないこと
  • 枯れ葉、枯れ枝、樹の下など飛び火の危険がありそうな場所も避けましょう。

焚き火台は着火が容易である反面、多くの危険が潜んでいます。安全第一に考えて怪我のないように焚き火をしましょう。

 

亀山社中の焼肉トップページへ