道具のメンテナンス

バーベキューやキャンプは自然の中で行うので、道具や身に付けるものは汚れてしまいます。汚れがひどくなってしまうと、機能が落ちてしまったり、いざという時に使えないということになってしまいます。そこで今回は、道具のメンテナンスと耐久性に優れた道具選びをご紹介したいと思います。

汚れに強いウエアを選ぶ

一度は耳にしたことがある「ゴアテックス」という素材。透湿性防水素材を使用しており、アウトドアにはピッタリの素材です。アウターや登山靴、スキーウェアなどに採用されており、風・雨はもちろん、汚れにも強いのでオススメです。

初心者さんはシンプルな道具を

ランタンは一つあると雰囲気を盛り上げてくれるアイテムですが、ガソリンが燃料のものは使い方やメンテナンスに慣れが必要です。ガスカートリッジも便利ですが、安全なLEDのランタンが手軽でエコ。

メンテナンスは現地で

道具を持ち帰ってメンテナンスをするのはなかなか出来るものではありません。現地でテントや寝袋などを片付ける前に風通しが良い所に寝袋を干し、テントはポールを張ったまま、ひっくり返して陽の光で泥を乾かしましょう。テントの泥汚れは意外と簡単に落とすことが出来ます。

メンテナンス用具

古くなった歯ブラシは汚れを落とすのに丁度良い掃除道具です。リュックや靴などについた泥を落とす時に使いましょう。またタワシもテントやタープ類などを汚れ落としに便利です。

 

亀山社中の焼肉トップページへ