キャンプ

キャンプは虫や動物がたくさんいる場所で行うので、虫さされや思わぬ動物とご対面ということも考えられます。私達人間は自然を破壊しないように、極力、虫や動物に刺激を与えないように努めなければいけません。今回は、虫に刺されないようにする工夫と、マナーについてお話したいと思います。

虫除け対策

防虫スプレーは首や顔など直接吹きかけると目に入って危険なので、一旦手のひらにスプレーしてからぬるようにしましょう。また移動中の虫対策は携行できる蚊取り線香が効果的。電池式の蚊取り線香は火を使わないので安心です。

夜、テント内に蚊が入ってくると寝れなくなってしまうので、事前に蚊取り線香を焚いておくか、虫除けスプレーをしておきましょう。睡眠中に蚊取り線香を焚くと知らぬ間に蹴飛ばしてしまう危険があるので注意。

食料品の取り扱いと後始末

調理で出た生ごみ、残飯などはそのまま放置せずに袋に入れて縛るか蓋のある容器に入れて車の中に、残飯などはゴミ捨て場に置くとカラスや小動物などがよってくるので適切な方法で残飯処理しましょう。また残った食品はクーラーボックスや蓋があるボックスにしまいましょう。間違っても自然の小動物などに餌をあたえたりしないようにしてください。人が立ち入るだけで自然を破壊してしまうという意識でキャンプに望み、動物と出くわしても一定の距離を保つことが大切です。

 

亀山社中の焼肉トップページへ