完成!

たまごと甘辛タレの味付け肉が合う!子供も喜ぶレシピです。
和風だしを使った味付けで、風味アップ。丼に載せるのもおすすめ!

焼いたお肉をそのまま卵でとじるよりも、
お肉を先に焼いておいてトッピングする形にすると卵が美しい黄色に。

華咲きハラミを使った和風たまご焼きレシピ(動画あり)

今回は、亀山社中のタレ漬け「華咲きハラミ」を使用。
お肉は、事前に解凍しておきましょう。(関連ページ:解凍方法

材料(2人前)

  • タレ漬け華咲きハラミ…1袋の半分くらい
  • 卵…2個
  • ネギ…適量(青い部分はトッピング用)
  • 大根葉…適量

材料

今回は、たまたま大根葉の残りがあったので使いましたが、
ほうれん草やピーマンなど肉×卵に合う物なら何でもOKです。

冷蔵庫の片づけ野菜を入れて作れば、節約エコ料理になりますね。

野菜をカット

まずは下準備で、野菜とお肉を細かくカット。

ネギの青い部分を仕上げのトッピングに使いたいので、分けておきます。
大根葉と茎も分けておいて、時差で炒めると葉の緑がきれいに仕上がります。

お肉を先に焼き、この後すぐ使える様にしておきましょう。
強めの中火など、タレが焦げないぐらいの火力で焼いてください。

お肉は先に焼いておきます

卵を溶いて、味付けしておきます。
しょう油・みりん・鰹だし顆粒をお好みで入れてください。

味付けは「だし巻き卵」の味。
私は、みりんと比べてしょう油少なめ&だし多めが好みです。

卵を割って、かき混ぜます

あっという間に最終工程に突入、野菜を炒めて卵でとじます。

葉物野菜も卵も火が通りやすく、
この後は味付け作業も無いのでハイスピードで作っていきましょう。

そのためには、手の届くところに材料をセット!
フライパンを温めてサラダ油を引き、手早く調理していきます。

野菜を炒めて火が通ったら、卵を投入。
お好みの固さに焼いたら火を止めて、トッピングで仕上げます。

先に焼いておいたお肉を卵の上に載せ、青ネギを散らして出来上がり!

そのほかの説明は、動画でどうぞ…