炭の種類を知る

ホームセンターに行けば気軽に買うことが出来る炭。安価で手に入る炭は黒炭と呼ばれるもので火がつきやすくバーベキューに向いていると言えます。今回は、炭の種類について詳しくご説明したいと思います。

黒炭

火力が強く、着火しやすい黒炭はバーベキュー向き。安価で売られていますが、質の悪い物は炎が上がるわりに火力が弱かったり、異臭があるなど、ある程度品定めして購入したい。一般的な炭。

白炭

火力が強く、長持ちする反面、着火が悪い。手軽に扱えないのでバーベキューには不向きと言えます。炭火のお店が使用する備長炭などが白炭。業務用。備長炭は炭同士を叩くと綺麗な音が出ます。

成形炭

火持ち悪いですが、着火は早く、手軽に扱えることでバーベキューに向いていると言えます。形が均一で燃焼時間も把握でき、計画も立てやすい。着火剤が含まれた成形炭もありますので、着火に時間を掛けたくない方はおすすめです。

用途に合わせて炭を選ぼう!

バーベキュー用には黒炭か成形炭が適しており、白炭は消臭や水質浄化、炊飯に適しています。黒炭は真っ黒く断面が菊の花のようになっているものがいいようです。赤茶けたものはさけましょう。

バーベキューで使う炭の量は、4、5人なら1.5kg、燃焼時間は2時間程度です。3人なら1kgで十分です。無理に炭を使うと火力が強くなり、食材を焦がしてしまう危険があるので注意しましょう。

炭が余ってしまったら・・

炭は水分を吸収しやすい性質を持っていて、湿度が高い場所は厳禁。湿気をもった炭はバチバチと音を立てて火の粉が飛びやすくなるので注意してください。炭の保管は風通しの良い所に置きましょう。

 

亀山社中の焼肉トップページへ