焚き火台

バーベキューや焚き火など楽しいひと時ですが、火の後始末をしっかりとしないと、燃えカスが残ったり、次に訪れる人達に迷惑をかけてしまいます。今回は、そんな焚き火の適切な片付け方法をご紹介したいと思います。

焚き火台の消化

焚き火台は直火ではないため、地面への負担は少なく気軽に出来ますが、薪の後処理は同じです。理想は全て灰にすれば焼け残りのゴミも少量になり、消化の手間を省くことが出来ます。状況は様々ですが、キチンと消化することが大切で、適切な方法をご説明したいと思います。

1、完全に消化させること。
炎が上がっている場合は、無理して消さず、もう少し待ちましょう。

2、炎はなく少しだけ赤みがあり、芯が燃えている状態は、消火作業に入っても良いでしょう。形が残っているものは再利用できる消し炭になります。

燃えカスに薪が残った場合はバケツの水に浸して消します。芯まで燃えているものは、しばらくとけておきましょう。

フタ付きの空き缶に焚き火台の中身をあけて、蓋をします。高温になりますので取り扱いは十分注意してください。

焚き火をした周囲も確認しましょう。燃え残りの薪が落ちて枯れ葉に燃え移ったり、小さなものでも見逃さず、あれば必ず消化すること。

ひとくちメモ
消化時間から薪を足すタイミングを計りましょう。無計画に薪を追加して残してしまうと、消化に時間がかかり、尚且つ薪の無駄使いになってしまうので、薪を足すタイミングも重要です。

焚き火台の後片付け

1、焚き火台の周辺に燃えカスがないか確認して、燃えカスを埋める場所も決めておきます。

2、灰は水をしっかりと掛けて地面に落ちた灰とともに穴をほって埋めます。しっかりと土をかけましょう。

3、バケツの水に浸していた薪は指定のゴミ箱か、持ち帰って天日干しをすればさいりようできます。

4、来た時よりもキレイにをモットーに焚き火周辺の掃除をしましょう。

元の状態に戻しておけば、次の利用者も気持ちよくキャンプをすることが出来ます。

 

亀山社中の焼肉トップページへ