テントの寝床

自然の中で大地の上に寝る。とても貴重な体験ですが心地よい寝床にするにはちょっとした工夫が必要です。そこで今回は快適な寝床作りについてお話したいと思います。

テントの中はいつもと違う環境ですからなかなか眠れないと思います。テントの中で寝袋を広げて横になるとゴツゴツとした感じで朝起きると体が痛い、ということにもなりかねません。

寝床の準備

まず初めに寝袋を敷く場所に凹凸が無いか確認し、防水性や断熱性があるマットを敷きます。代用としてダンボールや新聞紙でもよいでしょう。安価で売られている銀マットがオススメです。

更にマットの上に個別のマットを敷くとより地面の凹凸を気にすること無く、また地面からの冷えを防ぐことが出来るでしょう。マットの長さは身長の4分の3程度でも大丈夫です。足りない部分は服などを敷けば問題ありません。

寝袋(スリーピングバック)

寝袋は大きくワケて封筒型とマミー型があり、持ち運びがラクなのはマミー型、キャンプで使うだけという方は重量がありますが布団と変わらない封筒型が使い勝手が良いかもしれません。登山などザックに入れて持ち運ぶときはマミー型を選びましょう。

テント内で寝袋を敷くときは出入口とは反対に頭を向け、冷えを防ぎます。また、枕は寝袋が入っていた袋に服などを入れて作りましょう。また、寝る直前にテントの張り具合を確認し、夜間の突風に備えるとよいでしょう。

 

亀山社中の焼肉トップページへ