テント

キャンプの時に設営するテントやコンロなど、配置によって左右される居心地の良さ。今回はその配置について気をつける点などをご紹介したいと思います。

基本的な配置

最近のテントはタープ(日除け)がセットになったものが出回っていますが、テーブルなどを置くスペースとして重宝しますので、個々に買わずにあらかじめセットなったものを購入するのも良いでしょう。また、テントはテーブルや椅子から見て風上に配置するのが基本で風や雨から守る事ができます。風上に車を置くのもよいでしょう。

区画やフリーサイトキャンプ場

キャンプ場のサイト(場所・用地)は区画で整備されたところと、どこでも設営できる場所があります。区画整備された所は、広さも同じでテントの張り位置も遊びがないところもあります。フリーサイトは決められた場所ならどこでも設営出来ますが、隣同士の関係には配慮が必要になります。

サイトを選ぶときは周りの環境も注意したい。トイレやゴミ捨て場、炊事場などの近くは匂いが発生している可能性があり、衛生面からも避けたい所。また出入り口付近はアクセスが便利ですが、人の出入りが頻繁にありますので、落ち着かないでしょう。サイトも先着順に決まるので、キャンプを予定する場合は、早めに予約されることをオススメします。

レイアウトは風向きを考える

レイアウトの基本は風上からテント、タープ、キッチン、コンロという順に配置しましょう。風の向きはちぎった草を上に投げて流れるほうが風下です。山風がある場所は車で風防し、山側のタープは低めに張ります。1番注意したいのはコンロや焚き火の位置。風で火の粉が飛んで、高価なテントに穴があかないように注意したいと所です。

 

亀山社中の焼肉トップページへ